英会話ツールの活用策

英会話なら「英会話ツールの活用策」へ!

有利から最低限の時代へ

英語ができると、進学や就職に有利、とされていた時代は英語の重要度がまだそれほど高くありませんでした。英会話スクールもあまり見られませんでしたし、教材なども今ほど多くはなく、英語を学べる環境自体がそれほど整ってはいませんでした。
しかし国際化した現在、中には社内の公用語を英語にする企業が現れ、英語からは有利という価値観が失われ、使えなければならない言葉になりつつあります。それでも、海外に行かなければ英語は学ばなくていいのでは?という声も聞かれます。

確かに昔は、留学や海外赴任でなければなかなか英語を使うことはなかったでしょう。しかし、最近はこちらから英語圏に行くのではなく、英語圏からの就労者が急増しており、使わざるを得ない環境がじわじわと作られつつあるのです。

英語を学ばなければならない理由

今は小学校から英語学習が始まりました。これは単にスタートが早まったのではなく、義務教育終了までに身につく英語力の底上げが行われたのです。なおかつ、発音にはネイティブさがこれまで以上に要求されており、実用的な英語を使える世代が育ちつつあります。
この教育が始まるまでに学業を終えてしまった世代は、受験のための英語勉強といった意味合いが強く、世界ではなかなか聞き取ってもらえない「ジャパニーズ・イングリッシュ」の使い手が沢山います。これはどういう状況になっていると言えるのでしょうか。

日本の人口減少に伴い、市場を海外に求めている企業が急増しています。つまり会社でも英語が理解できる人が重宝されてくる時代に突入しているのです。こうなると、英語を使える年下世代の業績が上がり、下克上のような状態が各地で発生するかも知れません。
始めのうちはネイティブ世代が少ないため、まだ安心出来ますが、自分が高齢化していくに連れ、英語が使えない世代は減少し、お荷物感は増してきてしまいます。それに、お仲間だったはずの同僚たちに英語力を身につけられた時には、会社での居場所さえ失われる可能性だってあります。

環境は整っている!

「有利」の時代に育った世代は、一刻も早く価値観を見なおさなければなりません。幸いなことに、現在は英語学習のツールが世の中に氾濫しています。スクールに行く余裕がなくても、合間の時間に学ぶ機会はたくさん用意されています。
それらを活用して、これからの時代を生き抜いていきましょう。